2016年7月 7日 (木)

処女を捨てたい

僕は出会い系サイトで処女を捨てたいという女性に出会いました。処女を捨てたいと、出会い系サイトで募集している女性がいることに、興味が湧きました。その女性と何としてでも、会ってみたい。そう思い、僕は彼女の気をひくため、あの手この手で、アプローチしました。それでも、処女を捨てたいという彼女からの連絡はありませんでした。アプローチしすぎて、警戒心を抱かせてしまったのかもしれないと思い、謝りのメールを送ると、すぐに連絡がきました。彼女がいうには、たくさん連絡がきすぎて、対応に困っていたとのこと。それに納得しました。男なら、誰もがきっと興味を持つはずです。我こそはと思うはずです。僕はここで、負けてはいけないと思い、僕の情熱を熱く語りました。
処女を奪いたい38歳の男性
すると彼女は、僕のことを気に入ってくれたらしく会ってくれると言ってくれたのです。僕は感無量でした。早速僕は彼女と会うために、美容室へ行き、洋服も買いに行きました。そして約束の日。彼女は待ち合わせ場所に現れました。彼女は、とても清潔感のある清楚な女性でした。僕と同じ年だというのに落ち着いた雰囲気がありました。僕は予想以上の彼女の登場に一気に緊張してしまいました。彼女も恥ずかしそうに笑っていました。僕はその瞬間、彼女に一目惚れしました。ホテルに行くなんて言えずに、僕は彼女と普通にデートしてしまいました。彼女は、どう思ったのかはわかりませんが、彼女を簡単にホテルに連れていくようなことはしたくなかったのです。その日、また会う約束をして別れました。
ぽっちゃりSNS
巨乳

最近の記事

無料ブログはココログ